宝石セッティング枠をワックス5軸切削で

ヴァイタローラ社の開発した、「ジャストフィット3D宝石枠製造方法」を用いてMira-6でワックス切削をしてみました。

最初に宝石を精密3Dスキャンし、Rhinoceros用プラグインEVANCE Maestroで「(宝石の)ラッピングデータを作成」します。

下の画像右が5MPの3Dスキャナでスキャンした宝石のメッシュデータです。このメッシュデータを元に、画像左のシングルサーフェス(宝石ラッピングデータ)を生成します。

下の画像はラッピングデータの一部を使用して、デザインした宝石枠です。

これまでの製造方法は、精密な光造形機を用いてダイレクト鋳造用樹脂原型を製作するというものでしたが、Mira-6のような精密ワックス切削機を用いることによって、これまで以上に宝石嵌合精度の高い、研磨工程を大幅に省ける宝石フレーム原型を作ることが可能になりました。ハードワックスは0.15mmの厚みで製作しても歪みが出ることはありません。また、ワックスは水分を吸収することもありませんので、良好な鋳造肌を得ることが可能です。

使用しているワックスは、Ferrisブランドのターコイズです。このところの切削テストでは非常に良好な切削結果を得られています。

[切削条件]
FR:250
PL:100
切削時間:約2時間
ツールパス:カスタム設計

[使用装置、ソフトウェアなどは全て弊社で販売もしています]
5MP 3Dスキャナー(約300万円~)
Mira-6(365万円:税別:諸般の事情で変動します)
Rhinoceros(約15万円)
Rhino用プラグイン EVANCE Maestro(企業用2ライセンス約200万円、個人事業用1ライセンス約100万円)

関連記事一覧

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

NSCNC JAPAN

カナダ製5軸切削装置の輸入販売をしています。

 

Mira-6はモデリングワックス切削向き装置です。

 

ATC付の金属切削可能なMira-X7の日本デビューは2019年後半以降で未定です。

 

お問い合わせ、装置のご見学は、

 

 
こちらのボタンで問合せフォームに移動

 

 

お電話でのお問い合わせは下記まで。

TEL.0551-30-7668

PAGE TOP